BMWエンジン

MINIBMWのオイル漏れ整備は高い?パーツを沢山外して修理になります

2018年12月3日

MINIのオイル漏れ整備や交換をともなう修理は、とても沢山のパーツを外してからではないとできないのが現状です。

あなたもお分かりのようにエンジンルームを開けてみると、

とてもエンジンルーム一杯つめこんであって、びっくりした事はあるはずですよね。

正直に言いましてメカニックからすると、とてもやりにくい車種の一つなんです。

あまり言わないでください。 笑

今回はミニのオイル漏れに関してどれくらい外して修理をしているのか?

そして修理代金と概算の見積もり額を今まで整備した事をまとめていきます。




MINIのオイル漏れ

オイル漏れはとても困りますよね。

いつも止めている駐車場の下を見たらオイル漏れしてる。

こんな事ありませんか?いち早くディーラーさんに電話して聞きまくっていませんか。

でも聞いても即答してくれないし
エンジンの下の左側の・・

ちょうど左のタイヤの付近からなんか赤いオイルが

このようなやり取りをした経験が多いはずですよね!

うまく伝わらない事がありますよね、とくに何ていう部品名かわからない。

一番がココだと思います。そこは思いきって写メを送っちゃいましょう!

見るメカニックは瞬時に判断していただけると思います、それだけ精通していますので大丈夫です。

MINIのオイル漏れの一番多い箇所

  • エンジンの上のふた(ヘッドカバーパッキンと言います)
  • オイルエレメントのカバーからのオイル漏れ(オイルエレメントケースパッキン)
  • オイルを抜く所のちょこっと上の漏れ(オイルパンパッキン)
  • オイルの圧力を測る所(オイルプレッシャースイッチ)

上に色分けは下の解説に沿って分かりやすくしてありますのでご参考にどうぞ。

これくらいが代表的なオイル漏れが非常に多いところです。

簡単ですが、あなたのミニのオイル漏れしている所を面倒臭いかもしれませんが確認してみてください。

なんとなく漏れているところが確定できれば分かります。

  • 右の前のタイヤ付近であれば、
    エンジンのヘッドカバーやフロントカバーからの漏れがあるかも・・
  • 右のタイヤ内側に「ねっとり」してる物がついている場合は、
    ドライブシャフトのブーツ切れが怪しいです・・
  • 感覚的に右運転席の足元であれば、オイルエレメントケースからの
    オイル漏れやオイルプレッシャースイッチからのオイル漏れが濃厚だと思います。
    近いところで言うとオイルパンパッキンからのオイル漏れですかね。

このようにザックリですが、見る人がみると一発でわかりますので一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

MINIはパーツを沢山外し整備

そうなんですね!MINIはとてもエンジンルームが狭い構造でして、効率よく配置しているために整備性が少し悪い印象があります。

ですがこれも一つの特徴でして、毎日整備をこなしているメカニックは難なくこなしますので安心してくださいね!

こちらの写真をご覧ください。

ミニのエンジンルーム

このくらいパーツを外さないと、ファンベルト付近のオイル漏れやエンジン前側の部品を交換できないんです。

これは一度バンパーを外してからヘッドライト左右を外します。

そしてエアコンのガスを冷却するコンデンサーという部品を外してエンジンのラジエターまでもずらさないといけませんでしたので一苦労です。

概算見積もり

参考になります

オイルエレメントケースのパッキン交換で
パッキン部品代、約3000円
エンジンオイルは時価になりますので、
入れておりません。

工賃、約18000円〜(工賃においてはお店によってまちまちです)

ざっとこのくらいの概算見積もりになります。
(あくまでも概算になりますのでお間違いのないようにしてください)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

MINIの整備に関しては、細かいですが標準交換時間(他の車種も)が決まっています。

1時間あたりのレバレート(基本時間給は標準1万円です)がお店によって定められています。

お店によってまちまちで、8千円のお店や9千円のお店もあります。(専門ショップの場合)

その辺もお確かめになって修理されればトータルで安くできますのでオススメです。

-BMWエンジン

Copyright© 外車整備の味わい方 , 2019 All Rights Reserved.