お知らせ

サイトにお越しいただきありがとうございます。

最近当サイトの盗作(パクリ)とみられる記事が多数発覚しております。
他サイトで、あれ…見たことある記事だなと思う内容はおそらく当サイトを盗作された記事だと思われます。

簡単にご説明しますと、委託されたライターが経験も知識もない状態で見本になる記事を探し真似て書かれた記事に過ぎません。

当サイトは、実作業経験に基づいた内容を掲載しておりますので安心して読みすすめていただければ幸いです。

サイト管理人:さんぽ

ベンツエンジン

ベンツの警告灯が出た時はカムシャフトセンサーの毛細管現象を疑え

2021年1月18日

エンジンの警告灯が出たときは電子的な部品が故障している場合があります。

今回はセンサーの故障した事例を紹介していきます。

カムシャフトセンサーという部品がテスターをかえして拾ったとして解説していきます。

カムシャフトセンサーが故障する原因として多いのが…

センサーに電圧、電流信号を供給している配線にセンサー内の気密が保持できなくなり、エンジンオイルが配線に浸透してセンサーが壊れる内容を簡単に説明します。




カムシャフトセンサーの働き

カムシャフトセンサーの働き

カムシャフトセンサー

カムシャフトセンサーの役目を簡潔に述べていきますので、もしあなたが興味なければ構造を飛ばして対処方法を見ていただければ幸いです。

エンジン内に装着されているカムシャフトという部品の回転数を詳細にカウントしています。

通常カムシャフトは流通しているベンツは通常2つ装着されていることが多いです。

左右どちらかのカムシャフトに回転数を拾っているセンサーが取り付けられています。

  • 回転自体をダイレクトに拾っている
  • 回転をピックアップセンサーで非接触式で拾っている

大まかに上記2種類の形式で成り立っています。

 

故障する原因はオイルが配線に浸透する事から始まる

故障する原因はオイルが配線に浸透する事から始まる

故障する原因はオイルが配線に浸透する事

壊れる原因は、ずばりエンジンオイルがカムシャフトセンサーの配線に浸透してしまうのです。

意外と不思議に思われる方が多いのが実情なのです。

その配線内のエンジンオイルが配線端子に付着してショートしカムシャフトセンサー自体が壊れてしまうのです。

エンジンの警告灯に現れるには、非常に長い時間わからずに放置してから突然オレンジ色の警告灯がドライバーを気づかせます。

もしかしたらこの内容を見ているあなたはご存知かもしれませんが、誰が命名したかわかりませんが「毛細管現象」と言ったりしますね。

 

ベンツの毛細管現象とは

通常わたしが思い込みで想像していることですが、通常配線内の筒状の中には銅線が複数入っていて被膜に保護されています。

その配線の接続部、いわゆるカプラーソケットによって結束されてます。

毛細管現象は、油(オイル)は上もしくは下方向に浸透してしまうんです。

この上や下方向に浸透する現象は不思議なんですが、実際に起こる現象なんです。

特にエンジンルーム内は80度くらいになりますので、エンジンオイルは冷間時よりはかなりサラサラになります。

そのサラサラになったエンジンオイルが、筒状の配線を伝ってどんどん染みていくことにより、配線内の圧力が作用してエンジンオイルが配線内をゆっくり徐々に犯していくと推測します。

そしてとてもわかり易いサイト紹介がありましてので、よろしければこちらのサイトをご参考にしてみてください。

 

対処方法はカムシャフトセンサーを交換と配線処理

直す方法は、シンプルにカムシャフトセンサーを交換し対策としてハーネス(配線)を対策済みのものに交換します。

カムシャフトセンサーは、常に品番が変更されていますので対策を施した部品になることが伺えます。

そして肝心な配線はといいますと、一部配線にオイルが入らないようにゴムパッキンがつけられた配線や取り回しを少し伸ばし、接続カプラーを複数増やした対策を施したものと変更になっています。

なぜ配線の長さを伸ばし接続カプラーを複数付けた理由は、途中の接続カプラーで万が一オイルが浸透してしまった時にカプラーや配線から逃がす仕組みとなっています。

 

まとめ

今回は、カムシャフトセンサーによる故障原因で警告灯が点いてしまう事例と修理する方法を簡単ですが説明しました。

最後に、あなたのベンツの駐車場下にもしオイルの漏れたあとがあった場合一度エンジンルームを開けて見てください。

オイル漏れがある場合は、走行中は風圧でオイルの煙が流されてしまうので、しばらく走ってきた時にすぐにエンジンを止めずにアイドリング状態で数分回しておき、煙がでるようであればオイル漏れしています。

煙の色は、白が大半ですのでぜひ確認してみてください。

煙の白色は、冷却水(クーラント)も同じ白色ですが、判断材料として煙の匂いが若干甘い香りがしますので参考にしてみてください。

追伸

いまあなたが所有している
外車の明らかな故障や不具合をお持ちなら、
損をしない修理「 ブーヴラボ 」という整備工場をご紹介します。

思考を変え、
いつも持っていく工場以外で直すことを
一度検討してみてください。

あなたの不満や悩み欲求に
応えてくれる整備工場が理想ですよね。

修理を出すたびに
不愉快な思いをしているのであれば
違う工場で比較してみるのも解決策です。

  • 修理にだした時、必ずといっていいほどこちらの思い通りにことが進まない…
  • ディーラー以外の工場で予算に合わせた方法で直したいと思ったことがある
  • 毎回余計な事をやられるから、今出している工場に見切りをつけたい
  • やっとおきました、って勝手に作業をされてしかも請求が高額
  • こちらの要望を聞き入れてくれる工場を探してる

上記のような悩みや要望がお持ちなら
一度ブーヴラボにご相談してみてください。

ブーヴラボは、
外車に特化した整備工場のネットワークです。

外車専門ならではの
設備やスキルを共有しているのでオススメ。

無料見積もりができ、

連絡はメールフォーム土日祝日対応の電話でも受付可能です。

※メールフォームは24時間対応、電話連絡可能時間10:00〜19:00です

全国対応であなたのお住まいの近くに加盟店があるか調べてみるのもいいかもしれません。

下の文字リンクかボタンのお好きな方からどうぞ

こちらからご覧になれます全国で200社の工場が対応しベンツやBMW専門の【ブーヴラボ】

-ベンツエンジン
-,