ベンツやBMWの表に出ない情報を日々お伝えしていきます。困った事や疑問点があればメッセージからどうぞ!

外車整備の味わい方




BMWエンジン

BMWのバッテリー交換後に警告灯が点灯する『必ずテスターで登録』

https://kumamoto-sanpo.com

BMWのバッテリー交換する時の重要な事を今回は説明します。

交換する時に、必ずテスター診断機でやらなくてはいけない事があります。

 

BMWの車両側にバッテリー交換した事を登録する

バッテリーの型式容量を登録する

交換した時の日付と車両の距離数を登録する

 

上記の3項目を交換した時には実行します。

登録しないとエンジン警告灯が点灯する原因になります。

バッテリーに関して疑問があるあなたに簡単ではありますがどうぞご覧になってください。




BMWにおけるバッテリー交換の重要性

BMWにおけるバッテリー交換の重要性

バッテリー交換する時の注意しなくてはいけない事柄

10年以上前からBMWのバッテリー交換には、必ずと言っていいほどテスター診断機が必要になってきているんです。

昔のようにホームセンターで、1980円のバッテリーを買って店員さんに交換してもらって「はい終わり」って言う訳にはいかないんですね。

あなたも分かるようにほとんどの関連装置が自動になってとても便利になっていますよね。

それが大きな要因になってバッテリーに負担がかかっています。

バッテリーの交換方法

BMWのバッテリーを交換する方法ですが、できればバックアップをとりながら交換した方が正解です。

バックアップとは

  • 補助的にもう一つのバッテリーを用いて、BMWのラジオやパワーシートの記憶しているメモリーなどがなくならないようにする対策です。
  • もちろんバックアップしなくてもバッテリー交換はできますよ。しかし交換し終わってからの設定が面倒くさいっていうのがあるので、バックアップをとって交換をするんです。

あなたも経験があると思いますが、バッテリー上がりで近くの車からつなげてもらってエンジンをかけた事があると思います。

その時に時計を、ふっと見ると狂っていた事があるのではないでしょうか。まさに狂ってしまう原因こそが、バックアップしてないからなんです。

もうひとつ大事な事をお伝えしますので覚えておいていただけたらうれしいです。

バックアップしてないとどうなるのでしょうか?

バックアップをとってないとどうなる

バックアップ用のポータブルバッテリー

バックアップをせずにバッテリーを交換すると、メインコンピューターすべての記憶しているデーターがなくなってしまいます

BMWはとても優秀で、あなたがいままで乗ってきた運転の癖などを把握して学習しながらデーターを蓄積しています。

せっかくあなたの運転してきたデーターが、バックアップをとらなかったおかげで全て飛んでしまう事があるのでお伝えしておきますね。

バッテリー交換してから、なんかエンジンがおかしい…

以前とは全く別のBMWみたいになってる…

エンジンが調子悪くなって、停車している時の回転数が上下にぶれてしまう

上記の事例がバックアップをとってないと起こってしまいます。

※特に最近は安いバッテリーが販売しています。

ご自分で交換してエンジンが調子悪くしてしまうケースがありますので注意してください。

バッテリー交換した事をDME(コンピューター)に登録させる事が重要

バッテリー交換した事をDME(コンピューター)に登録させる事が重要

バッテリー交換してから必ずしないといけない約束事があるんです。

それは、あなたのBMWに「バッテリーを交換しましたよ」って伝えないといけない事なんです。

それほどバッテリーが重要視されていると言う事なんですね。

車両側のメカニズムを説明

  1. はじめに、BMWにバッテリーの型番をふくめた内容を読み込ませて登録します
  2. そうする事によって車両側で登録したバッテリーを元に的確な充電量、バッテリー交換時期、都度の充電量、電流測定などを正確にフィードバックしてコンピューターに送っていく事ができるのです。

BMWのバッテリー交換した時の実行内容

  1. バッテリーを交換した際のテスター上の内容
  2. バッテリー交換が無事DME/DDEに登録されました
  3. DME/DDEには以下の事項が登録されています
  4. 前回のバッテリー交換 ◯◯◯◯◯km
  5. 前々回のバッテリー交換 ◯◯◯◯◯km
  6. 3回目のバッテリー交換 ◯◯◯◯◯km
  7. 4回目のバッテリー交換 ◯◯◯◯◯km

上記のように、走行距離は何キロで交換したかが的確に把握できるようになっているのです。

また、新しいバッテリーが古いバッテリーより容量が大きい場合もオーバーサイズとしてBMW側に登録することができます。

コンピューターがバッテリー容量にあった学習を繰り返すことによって、最適な状態を保つ事ができるんですね。

関連記事
BMWの故障が多いのは失敗なのか?高額すぎる修理の行方という記事でも紹介していますのでご覧ください。

BMWのバッテリー交換後は書き込みが必要:まとめ

バッテリーについて説明してきましたが、後日なんとなく思い出していただけたらうれしいです。

もし今後あなたがバッテリーを交換されるときは、購入するショップで交換ができる事を先に聞いてから交換するようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さんぽ

はじめまして “ さんぽ ” です。ベンツとBMWの整備内容をできるだけ詳しく、そして表に出ない内容を表現してお役にたてる整備のやり方を載せていきますのでどうぞご覧ください。 【資格 国家2級整備士 自動車検査員有資格者】ロシアと中国上海で整備経験もあり その後18年間外車整備会社経営

-BMWエンジン
-

Copyright© 外車整備の味わい方 , 2019 All Rights Reserved.