BMWシャーシ

BMWのランフラットタイヤをやめる時の対策と交換するメリットを説明

2019年3月21日

BMWのランフラットタイヤの故障した場合のメリットとデメリットを解説します

ランフラットタイヤからノーマルに替えてもOKなんですよ!

BMWに多いランフラットタイヤですが、あなたのタイヤはノーマルタイヤをはかせてますか、それともメーカー指定のランフラットタイヤですか。

一度交換しているあなたはおわかりだと思いますが、正直ランフラットタイヤは値段が高いのがネックです…

ですが、ノーマルタイヤに交換してもシッカリ車検は通りますので安心してください。

「知ってる、知らない」では今後のタイヤメンテナンス費用が、5万円くらい変わります。

それでは、BMWのランフラットタイヤとノーマルタイヤに関してのメリット・デメリットも含めて解説していきますのでどうぞご覧ください。blank

 

今ついているランフラットタイヤにノーマルタイヤは問題なく装着でき車検もOK

BMWのランフラットタイヤ交換作業写真

ランフラットタイヤが初めから装着しているBMWに、ノーマルタイヤは全く問題なくつけられます。

規定がランフラットタイヤなんだからダメなんでは…と思いがちですが、

あるアイテム(応急用タイヤ、パンク修理剤)をBMWに乗せれば車検も通りますし大丈夫なんですよ。

上記はツイッターですが、シッカリ車検は通っていますね。

 

ランフラットタイヤはパンクしても80キロも走行できるタイヤ

ランフラットタイヤ

万が一タイヤがパンクした場合も無理な運転をしなければ高速でも走行距離が80キロくらいまで運転できるタイヤです。

上記はランフラットタイヤのとてもすごいことです。

BMWの場合は、タイヤの空気圧が異常に下がった時に備えて、ちゃんとセンサーが検知してドライバーに知らせる機能があります。

空気圧が全く無くなってもタイヤがペッチャンコにはならず、見た目はほとんど変わらないんですよ。

ホイールボルトも大事

タイヤを取り付けているボルト(ネジ)もとっても大事ですよ。

取れてしまっては大変なことのなりますのでね。締め付ける時の力は140N/m(14kgです)

ということでノーマルタイヤを取り付けた時の、いいところとよくないことを説明していきます。

デメリットに関しては、ちょっと揃えなくてはいけない小物がありますので見落とさないでください。

 

BMWにノーマルタイヤを付けると乗り心地が良くなり軽快に

BMWのランフラットタイヤの交換写真

ノーマルタイヤを付けたら乗り心地が良くなり、いままでより軽快に感じる程です。

ノーマルタイヤはランフラットタイヤと比べるとタイヤの設置面が薄く作られているので、さきほど言ったように軽快に感じるのだと思います。

ランフラットタイヤは肉厚された作り方といった感じのタイヤですね。

ノーマルタイヤは重量がランフラットタイヤより軽いので、燃費が向上することも十分あります。

車は回転抵抗をいかに減らすかによって低燃費を実現しますので、

ノーマルタイヤは軽い作りになってますのでその分有利になります。

 

ノーマルタイヤはお財布に優しい

そしてとにかくランフラットタイヤより、圧倒的に安く購入できることが魅力ですね。

2割から3割もお安く購入できます。

とらえ方次第では、それ以上実感できるかもしれません。

ノーマルタイヤは交換工賃も平均1500円バランス料込み)くらいと安く交換できます。

ランフラットタイヤは、平均して約一本3500円からの交換工賃になります。

ノーマルタイヤに履き替える時間も、短時間で済むのが魅力の一つですね。(平均1本あたり5分位です)

 

ランフラットからノーマルするポイント&ランフラットのデメリット

BMWのランフラットタイヤの交換写真

ランフラットからノーマルした場合のポイント

ノーマルタイヤのBMWには、必ずパンクした時用に応急用のタイヤが付いています。

ランフラット車は、その応急用のタイヤが付いてないのでノーマルにした場合は必ず応急用のタイヤを積むか、パンク修理剤を搭載してください。

ノーマル装着のポイント

  • いまお乗りのBMWに取り付けできる応急用のタイヤを積む
  • パンク修理剤を車両に搭載する
  • 必要あれば、小さい簡易コンプレッサーを積みましょう

上記の小物いずれかを、忘れずに用意して車両に載せてください。

これがクリアできていれば、車検に合格することもできますので、安心してノーマルタイヤに交換できますよ。

 

ランフラットはタイヤ代が高いし工賃も割高になってしまうことも

  • ランフラットタイヤはとにかく高い
  • ランフラットタイヤは交換するショップも嫌がるほどなんです。
  • ランフラットタイヤを交換する機械も必要になり、通常の交換する機械では相当訓練しないと交換できません。
  • ランフラットタイヤ交換の1本あたりの工賃も高いです。
  • タイヤ交換工賃ー>3500円以上はします
  • 入れる空気は窒素を使うためー>1000円位は覚悟しましょう

ランフラットタイヤは、ほとんどパンク修理ができないというデメリットもあるので覚えておいてください。

ランフラットタイヤはパンクしても走ることができると言いましたが…ただその利点のみ。

そして矛盾していると言われるかも知れませんが、

私自身お客様の車を沢山触って直してきましが、車を運転していてパンクに遭遇したことが一回もないんです。

バイクも乗っていたり、車の免許を取得して30年以上経ちますが一回もない位ノーマルタイヤでも丈夫ということです。

ランフラットタイヤは肉厚された所の損傷が全くわからない為、パンクした時は通常交換になるので割高になる傾向にあると言えます。

上の私見も踏まえたうえで、ランフラットタイヤからノーマルタイヤに交換するメリットを検討してみてください。

 

ランフラットタイヤは走った感じがゴツゴツする

ランフラットタイヤは、タイヤ横の部分が肉厚されていますので乗り心地がノーマルより硬いです。

これは最初からランフラットタイヤが付いているオーナーは分かりづらいのかなと思います。

少し余談なんですが偶然にも私の息子がミニを乗っているのですが、

このミニ、ちょっと以前乗っていたモコより乗り心地が固くない?と聞いたところ、

「硬い感じがする…」

ランフラットというタイヤでパンクがしづらいタイヤだからなんだよ、返答をすると、

「だからこんなに下からゴツゴツした感触なんだ。」

と言っていたことを思い出します。

タイヤのことを意識していなくても、ランフラットタイヤからノーマルタイヤにした時のソフト感が味わえると思いますよ。

 

保管する必要もなく自宅近くで交換できるオススメの格安タイヤショップ


ではここで便利なタイヤ専門ショップをご紹介しますね。

タイヤを買いたいけど、どこで買っていいか分からない時はTIREHOODタイヤフッド)がオススメです。

TIREHOOD(タイヤフッド)はネット専門ショップということもあり、圧倒的にタイヤを多く扱っているので価格が安いです。

タイヤをタイヤフッドのホームページで購入し、ホームページ内であなたのご近所のタイヤ交換できるお店に直送できてしまうので、あとはBMWを持ち込むだけです!

送料も一律1100円/1本と格安です。

今までだと、タイヤを買って自宅に郵送されて保管しておかないといけなかったのが、ホームページ上から取り付けショップに直送できるのが最大のメリット

タイヤをご自分で購入して、整備工場に持ち込む場合ってちょっと気まずくないですか…それが全くないのが良いところです!

もちろん激安輸入タイヤも品揃えしていますので、ぜひ比較してみてください。

 

お支払い方法はクレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・Diners)

・銀行振込・ショッピングローン・代金引換もあります。

blank

自宅近くで簡単取付

今すぐ見てみる

購入手続きと同時に取付作業をする店舗予約もオンライン

BMWのランフラットタイヤをやめる時の対策とメリットを説明:まとめ

いかがでしたでしょうか。

ランフラットタイヤとノーマルタイヤに関して説明をしてきました。

これでタイヤ交換の時に、ランフラットタイヤが付いているからどうしようと迷わないと思います。

タイヤの種類でBMWの性能が大きく変わってきますので、是非あなたが都合の良い方を選んでくださいね。blank

タイヤの値段を確認したい方は【TIREHOOD】でご覧になってください

-BMWシャーシ
-

© 2021 外車整備の味わい方