ベンツシャーシ

ベンツの法定点検を実施すれば1年は大丈夫?プロが予防整備の部品を3つ説明します

2019年6月28日

ベンツの予防整備は必要です

現在あなたが乗ってるベンツは定期点検に出す派ですか。

それとも点検は出さずに、2年に一度の車検だけをお願いしてますか。

いざ故障してから、点検を出していればよかったかな…という後悔するユーザーが非常に多いんです。

予防整備とは、故障するであろう部品を見つけ出し前もって交換する整備の事です。

ベンツは乗らなくても部品は劣化してきますし、実際部品は動いてないと壊れてしまいます。

旅行や帰省した時の故障を避ける為「やっておいて良かった」と思える交換部品を3つ説明しますのでどうぞご覧ください。




定期点検を行えば1年間は故障しないのか?

定期点検整備をしたから一年間は故障しない事はありません。

ハッキリ言って部品故障して壊れてしまいます。

定期点検整備はあくまでも点検にすぎませんし、故障するかもしれない部品を交換してはじめて点検整備になります。

点検整備の見積もり時に、担当フロントマンから概算見積もりの連絡が来ることはありませんか。

あまりにも点検整備代が高くて「それはやらなくていいです」って断っていませんでしょうか。

この連絡こそが、予防整備にあたる事なんです。

いかがでしょうか、そう言えばそんな連絡来ていた記憶ありますよね。

ぜひ、この連絡できた内容を検討してみて作業をするかしないか担当フロントマンと話し合ってみてください。

ベンツを乗る上でゆくゆくは交換する事ですから、重要な部品は予防整備しておけば大きなトラブルにはなりません。

定番のベンツ故障部品を説明

まずは、ベンツを蹴飛ばしたくなる故障ってあるんですよね。

コンビニに500mlの缶ビールを買いに行った時の話ですが、ついPRESIDENTっていう雑誌をみいってしまってレジに行ったのは10分後。

さぁエンジンかけて帰ろうとスイッチをひねっても「キュンキュンキュン」って勢いよく回っているけどかからない...

かからないから、ムキになってドンドン回してしまうんです。でも、そのうち回り方がゆっくりになってしまいます。

そう、バッテリーが上がってしまうので、通常通りにかからない時は諦めた方がいいです。

これ、ホントに頭にきます...

正直ベンツを蹴飛ばしたくなります。笑

故障の原因①

C204のクランク角センサーの画像

C204のクランク角センサーの画像

クランク角センサーがめちやくちゃ多いです

詳しいことは、ここでは語りませんがエンジンの回転信号を拾っている部品がクランク角センサーです。

症状は、前述した通り、かけようとしても全くかからずで「キュンキュン」回るだけです。

繰り返すと必ずバッテリーが上がるのでやめましよう。

クランク角センサーが故障かな?という時にやって頂きたい事

ここで裏技を教えますので、こうなった時に試してください。

それは、1時間から2時間くらい時間を開けてから、エンジンをかけてみてください

なぜなのか、クランク角センサー自体の温度が下がると内部抵抗が変化するとかかる場合があるからです。

一度かかるとクランク角センサーが故障している時は少しですが乗れます。

とりあえず、移動する事が出来ると言う意味ですよ。

故障原因②

ベンツのフューエルポンプ

ベンツのフューエルポンプのイメージ

フューエルポンプ(燃料ポンプ)

フューエルポンプもやっかいな故障なんです

症状は、全くクランク角センサーと同じでエンジンをかけようとした時に「キュルキュルキュル」と回るだけです。

フューエルポンプ(燃料ポンプ)が走行中止まってしまい、ベンツが走らなくなる事は稀です。

走行中フューエルポンプが止まってしまう時は、それこそ末期ですぐ交換が必要です。

しばらく車両を置いといて、いざ乗ろうとした時にかからなくなる症状がとても多いです。

  • 駐車場に置いておいて、かけようとした時にかからない
  • スーパーで買い物して帰りにかけようとしたらかからなくなる
  • 走っていてエンジンがブスブスいって止まりそうになる

上記症状を覚えていていただければ分かりやすいです。

故障原因③

ベンツのバッテリー

ベンツのバッテリーイメージ

バッテリーの寿命によるエンジンかからず

これは基本中の基本ですが、バッテリーが見落としがちな部品なんです。

バッテリーテスターで調べてもその時は正常値を示していますが、数日経つと数値が変化することがあるので注意してください。

バッテリーテスターで測る時の状態が重要です

理由は、エンジンを切ってすぐだとバッテリー電圧が上昇している時に測ってしまうからです。

遅くても3年に一回は交換が必要です

バッテリーの使用頻度はとても激しくなってきています。車内の小物までが自動化されていますのでバッテリーの負担は大きいです。

夜間エンジンを切っていても微量に電流が流れていますので、バッテリーは消耗しています。

特に夏場の夜間走行時は、ライトやエアコンがフルに稼働しますのでバッテリーにはキツイ時期といえますね。

ベンツの法定点検を実施すれば1年は大丈夫をまとめます

今回は定期点検整備をすれば故障しないのか、という事で説明してきました。

予防整備した方がいい部品をおさらいします

  • 故障原因の一つ目は、クランク角センサーがよく故障してエンジンがかからなくなる
  • 故障原因の2つ目は、フューエルポンプが動かなくなりかからなくなってしまう
  • 故障原因の3つ目は、定番のバッテリーが寿命でエンジンがかからなくなる

この上記3つを意識して点検の時は見てもらってください。

そして余裕があれば、思いきって交換すると突然のトラブルは回避できますよ。

-ベンツシャーシ

Copyright© 外車整備の味わい方 , 2019 All Rights Reserved.