ベンツシャーシ

ベンツのブッシュ交換方法と簡単に交換できる専用工具の使い方!

2019年3月9日

ベンツの損傷したロアアームブッシュ画像

https://kumamoto-sanpo.com

ベンツが走行中上下にバウンドした時に「ギーギー」という音が気になる事があるんです。

そうそう駐車場でハンドルを切る時にも同じ音がするので、とても恥ずかしい思いをする時がある…

何が悪くて、どんな工具を使って交換しているのか見てみたいな。簡単に交換できるものなのか…

肝心な交換する時の見積もりもとっても気になる…高いのはわかっているので覚悟してるけど。

こんな悩みをお持ちのあなたに送るメッセージを是非ご覧になってください。




ブッシュの役割とは

取り外し前のブッシュ画像です

ブッシュって何をする物なのか知りたいと思うんです。

そもそもいらない部品なのではないのか。そう思う事があるんですよね…

実際に音の原因が分からない事は沢山あるしブッシュが悪くて交換しますと言われて5万円?

本当によく壊れるので、またかって感じだと思います。

ブッシュの役割は、ベンツが走行中に上下運動やハンドルを切る時の横方向の動きをスムーズにアシストしてくれる部品ですね。

ですから、とても働き者になります。

ましてブッシュが付いてないと、乗り心地が悪くカチカチになって乗れたものではないと思うんです。

そんな大事な仕事をしているから交換サイクルが早いのです。

ブッシュメーカーの種類も沢山ありまして、純正品や社外品が山ほど存在します。

後々を考えると純正を使用しないと、すぐに傷んでしまうので社外品はオススメしません。

少し高額ですが、ブッシュ類は純正を使うようにしてください。間違いはありせんよ。

交換する手順

ブッシュの交換方法ですが、今回は前輪のブッシュを交換したと仮定しますね。

ハンドルを切った時に、「ギーギー」と音が出る場合は、「ロアアームブッシュ」が傷んでいるケースがとても多いです。

こちらがロアアームブッシュです

ロアアームブッシュ入替後

ベンツのロアアームブッシュの画像です

ロアアーム単体

ベンツのブッシュ画像です

 

こんな部品なんですね。ちょっと拍子抜けしますよね。

ブッシュを変える時は、タイヤが付いている根元の部品を外す必要があります。だから工賃が高いんだって理解できます。

こんなイメージです

部品外し

タイヤを外してブレーキキャリパーやディスクローターをどんどん外します。今やブッシュ交換は取り付けられているアームを外さなくても交換ができる専用工具が存在し、交換時間が大幅に短縮できる様になりました。

1,専用工具を取り付ける

先ほど言った専用工具の出番です。ブッシュを専用工具で上下に挟みネジを締め込んで万力のように抜く要領です。

2,逆の要領で専用工具ではめ込む

最後には、同じように専用工具で挟み込んでネジを締め込んで圧入していき目標地点まで入れてブッシュ入れ替えは完了です。

お疲れ様でした。

 

ひとつポイント

取り付けられているアームも入れ替えを何度もしてると、ブッシュが入る穴の直径が広がっていってしまいますので、交換作業は数回といった所です。

参考メーカー

唯一社外品のなかでも、このメーカーは使えると言えるのは「TRW」は耐久性が他のブッシュより優れています。

全くの無名のブッシュを販売している事もしばしば見かけますが、値段も飛び抜けて安価なものは避けた方がいいですね。

ベンツのブッシュを交換する専用工具

ベンツのブッシュ交換用の専用工具画像です

上の画像がベンツ専用の特殊工具(SST)です。

サービスマンは専用工具があるのと無いのとでは雲泥の差が生まれるんですね。

 

ブッシュに限って説明すると…

工具ありで交換すると約1.5時間

工具なしで交換すると約3.5時間

このくらい差が出てしまうんです。

この2時間あればブレーキパッドやベルト類の交換まで出来てしまうのです。

メカニックは時間で作業工賃を算出しますので、専用工具はなくてはならないものです。

ちなみに外車ディーラーなどは、1時間の工賃が1万円位になります(店によって変動はします)

ベンツのブッシュ交換まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベンツの足回りから異音に関して説明してきましたが、交換方法は専用工具を使って交換する事がわかりました。

これでブッシュの音や交換方法の悩みが解決する事ができます、是非参考にしてみてくださいね。

-ベンツシャーシ

Copyright© 外車整備の味わい方 , 2019 All Rights Reserved.